読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

坂本くんお誕生日おめでとう!

今年の梅雨明けは、例年に比べて遅いらしい。海の日を過ぎたというのに関東地方はまだ梅雨明けが発表されない。世の中は多くの学生たちが夏休みに突入しているらしい。私は今年が学生生活最後の夏休みとなる訳だが、就活、国家試験の勉強に明け暮れる夏となる。ま、「人生で一番勉強した」と言えるような夏にしてみようじゃないか。

 

さて。今日、7月24日は坂本くんの誕生日。45歳になられたということで、ついにアラフィフに突入。本人はどう思っているんだろう。今日はお仕事なのかお休みなのか。でも素敵な一日となっていることを一ファンとして願う。

実を言うと、学校へ行こう!を見ていた時も、V6を好きになり始めた時も、どちらかといえばトニセンよりカミセンが好きだった。トニセンの魅力に気付いたのは、本当に最近だと思う。先月、私は誕生日を迎え、妹から誕生日プレゼントとして2009年のカミセン・トニセンコンサートツアーDVDを貰った(というか、ねだった)。真っ先に見たのはカミセンではなく、トニセンの方だった。まず、何といっても、会場の小ささに驚いた。トニセンは東京国際フォーラム ホールAでの公演に対し、カミセンは国立競技場代々木第一体育館の公演(が収録)。つまり、トニセンは文化会館などのホールクラス(数千人規模)で、カミセンはアリーナクラス(1万人規模)でのツアー開催。いや、確かに昔からカミセン推しというか、カミセンの方が人気があったりするのかもしれないけど、いくらなんでもそんな……の感想を抱いた。まぁ、大人の事情も深く絡み合っているのかもしれないが。でも、会場の規模が小さいほど、ファンとの距離は近くなる。実際に、この公演(20th Century LIVE TOUR 2009 HONEY HONEY HONEYに収録されている公演)では、トニセンの3人が客席の方に降りてハイタッチなんかをしているのだ。しかも、最前列のお客さんだと、ステージとの距離が1mも無いんじゃないかと思うくらい、とにかく近い。トニセンファンの為のコンサートツアーだなぁ…という印象を受けた。

話が少しずれたが、このDVDを見て、坂本くんに惚れたと言っても過言ではない。既に、6月の舞台を見て坂本くんの魅力に少しは気付いていたものの、この時は「坂本くん、かっこいい!」ぐらいであった(終始、口許がニヤついたままの観賞となったが)。それから、DVDを見たことで「坂本くんヤバい!かっこよすぎ!大好き!!」となったのである。トニセン全員かっこいいのだが、中でも坂本くんのかっこよさがずば抜けている(個人的にはイノッチのかっこよさも推せる)。「MISS YOU TONIGHT」のソロパート(ラップ?)とShelter。この2曲はとにかくかっこいい!!!の一言に尽きる。坂本くんの歌声、好きだなあと再認識させられた。

最近はOne Dishが見られるようになって、毎週金曜日が非常に楽しみである。ただ、半分ニヤけながら見ている為、傍から見たら変態チック。またレシピ本出してくれたら嬉しいなー、なんて。

そんなこんなで、このところ自分は坂本担なのではないかと思い始めている。ここ1か月、怒涛の音楽番組祭りがあった訳だが、V6が出る度に真っ先に目が行っていたのは何を隠そう坂本くんだった。そして、密かに抱いている野望(というか夢?)が「コンサートで"まぁくん"と叫ぶ」こと。うちわもきっと、坂本くんを持つに違いない。それくらい大好きだ。自分の年齢の倍も離れている坂本くんに対して"まぁくん"と呼ぶのはなかなかの勇気が必要な訳で、コンサートでだったら許されるかな、大丈夫かな、と。かっこいい時はものすごくかっこいいのに、不意に出される可愛い一面がたまらなく愛おしい。長野くんとの関係性も好き。全部ひっくるめて好き。

 

 

まぁくん、お誕生日おめでとう♥