読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

グループと個人と

先日、「関ジャニ∞クロニクル」という番組を見た。多分、2回目。フジテレビの土曜お昼過ぎの時間帯にやっている番組である。コント番組か?と思いきや、番組公式ホームページを見てみると「関ジャニ∞のメンバーが、人と触れ合い、汗をかき、様々な企画にチャレンジし、新たな一面を魅せる!」とあった。ちなみに、今日の放送では横山くんと村上くんと錦戸くんによる英会話のコーナー、7人で即興芝居、安田くんのネイルコーナーが繰り広げられていた。個人的に面白いなと思ったのが、安田くんのコーナー。"女子力男子"のキャラ(?)が存分に活かされていた。絵が上手いんだね、安田くん。

 

で、私は何が言いたいのかというと「グループでの活動」についてである。

 

グループの人気が出てくると、おのずと増えてくるものが「ソロ活動」だ。

例えば、関ジャニ∞。ここ数年で人気を一気に上げ、出演する番組や冠番組も増えた。自主レーベルを立ちあげたり、新しい挑戦も結構やっている印象。関西ジャニーズということもあって、関西でしかやっていない番組にもレギュラーを多く抱えていると思う(特に村上くん)。村上くんは完全にソロでの出演だけで、テレビ3本、ラジオ2本。メンバー出演も含めるとテレビ出演が7本になる。日によっては関西テレビとフジテレビで同時間帯に出演している番組もあったりする。村上信五を見ない日はないと言っても過言ではない位の活動。トーク力を買われてのことなんだろうけど、本当にすごいよ村上くん。俳優という活動の面で挙げるならば、錦戸くんだろうか。時代劇、現代劇、様々なジャンルのドラマ、映画に出ている。ちなみに私が好きな作品は「流星の絆」と「ちょんまげぷりん」である(どうでもいい)。大倉くんも錦戸くんに次ぐ多さの俳優活動をしていると思う(個人的見解)。渋谷くんにおいては、ソロアルバムを出したり、ソロコンサートをしたり、ソロでの歌活動が充実しているような。。

例えば、嵐。コンサートのチケット争奪戦が激しいジャニーズの中でも、芸能界の中でも、最もチケットが取れないアーティストとして有名な嵐。デビュー10周年前の時期からいきなり人気が爆発、今となっては"国民的アイドルグループ"の名がよく付いてくるような、そんな人気グループとまでになった。言い方がとてつもなく悪いが、ちょっと前まで事務所が猛プッシュしていたグループだと思う。10周年前後の恐ろしい位だった人気もちょっと落ち着いてきたかな?という頃合いだろうが、今でもゴールデンタイムの冠番組を2つ抱えるトップアイドルグループ。近年ではソロでも冠番組を持ち始めて、人気上昇のとどまるところを知らない。相葉くんに至っては、レギュラー出演する番組(週替わり出演も含む)が3本もある。嵐のバラエティ担当なイメージ。CM出演の多い嵐の中でも、相葉くんの出演数は相当。嵐での出演、他メンバーとの出演のものを含めると、なんと14社ものCMに出演している。テレビつけてたら毎日相葉くんに会える気がする。

例えば、V6。デビュー20周年を迎えた昨年の活躍は、本当に凄かった。コンサートツアー、24時間テレビのメインパーソナリティ、人気番組だった「学校へ行こう」の一夜限りでの復活、ラジオ・チャリティ・ミュージックソンのパーソナリティ…ソロ活動が目立つV6が、これでもか!!!と言わんばかりに6人揃っての出演が多かった。VS嵐や多くの歌番組に出演していたのも印象深い。V6の、他のジャニーズアーティストとは異なる特徴といえば、カミセン(coming century)・トニセン(20th century)の活動であろう。ソロとはまた違った、年上3人、年下3人での活動。

 

と、まぁ、個人的見解も含め、人気のあるグループほどソロ活動が多い気が。でも、嵐はちょっと例外な気がする。それはきっと嵐を「5人一緒」でずっと推してきて、「嵐の良さ=仲良し、5人のわちゃわちゃ」を定着させたからだと思う。言い方がめちゃくちゃ悪くなるが、「嵐は個人より5人でいた方が面白いですぜ。コントでもおふざけでも、何でもわちゃわちゃ出来ますぜ」ってことなんだと思う。

仲良し、メンバー同士のわちゃわちゃという点では、V6にも似たところがあると思う。最大9歳もの歳の差があるのに、あのいい感じの関係性。時々繰り広げられる茶番。嵐ファンがV6ファンにいつの間にかなっていたりするのは、ここからなのだろうか。いつだってファンはメンバー同士のわちゃわちゃを求めているものだ。


で、話が逸れまくってますけど、V6ファンになって思うことが「もっと6人での活動が見たいぃぃ!!!」ってことですよ。(グループでデビューしてる限りは、どのグループでも「グループ推し」を最初だけでなくてずーっとしてほしいかな、と。)

昔は学校へ行こうだったり、それが終了した後でも深夜で6人全員出ている番組をやっていたりしていた。TBSの深夜枠は長らく続いているが、いつの間にかメンバー2人制になっていて「うわぁぁぁぁ」という心境である。まぁ、個人それぞれに忙しく、スケジュールを合わせるのが難しいんでしょうけど。でも、6人でテレビに出ているのを見たい。だから歌番組なんかに6人で出ているのを見る(知る)と、泣いて喜ぶ。CDにMVのメイキングとか特別企画という名のわちゃわちゃが付いていると泣いて喜ぶ。コンサートツアーなんて素晴らしいものが決まると、更に泣いて喜ぶ。それくらい6人のことが好きだ。1人1人も好きだけど、やっぱり6人集まった時が半端なく好きです。6人集まればマジヤバい。その通り。 




大丈夫か。ちゃんと言いたいこと伝わってるのか?それが心配。